重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 警戒度レベルの判断に使用する指標及び目安について

更新日:2022年12月9日

ここから本文です。

警戒度レベルの判断に使用する指標及び目安について

【警戒度レベルの見直しを行いました。】

第91回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(令和4年11月17日開催)において、警戒度レベルの見直しを行うこととし、今般、第99回政府対策本部(11月18日開催)(外部サイトへリンク)において、具体的な内容が決定されたことから、11月25日より、新たな警戒度レベルの運用を開始しました。

現在の警戒度レベル

現在の警戒度は、レベル2です。

 各指標の現状(12月8日現在)

【注釈】
 ※1 最大確保数に対する割合
 ※2 令和4(2022)年9月27日以降、新規感染者数について公表日ベースの数値に変更

   〔グラフ〕各指標の推移(12月8日現在)(PDF:769KB)

各指標の前週との比較  ※毎週水曜日更新

【掲載事項】

  • 病床使用率(最大確保病床数に対する使用率)
  • 重症病床使用率(最大確保病床数に対する使用率)
  • 人口10万人あたりの新規感染者数(直近1週間)
  • 新規感染者数の直近1週間と先週1週間の比較 

  ※検査陽性率は、9月26日(月曜日)に開始となった全国一律での「発生届の限定化」に伴い、9月27日分から公表を終了しました。(発生届対象外となる新規感染者の陽性判明日が不明となるため)

警戒度指標の見直しについて

221125newlevel22(PDF:188KB)

各警戒度レベルに応じた措置・要請(想定)

(PDF:218KB)

お問い合わせ

 栃木県新型コロナウイルス生活相談センター

電話番号:0570-666-983

(受付時間:平日午前9時から午後5時まで)

バナー広告