重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 医療 > 臓器移植・透析療法・献血 > 災害時透析医療ガイドライン

更新日:2023年9月29日

ここから本文です。

災害時透析医療ガイドライン

災害時透析医療ガイドライン(令和5(2023)年9月更新)

 慢性腎不全の患者さんは、2、3日に1回人工透析を実施することが不可欠であるため、災害時においてもこれを継続することはきわめて重要です。

 栃木県では、災害時にも継続して人工透析が実施されるよう、「災害時透析医療ガイドライン」を以下のとおり更新いたしました。

 透析医療機関の皆様の御協力をよろしくお願いします。

 

 ◆ 一括ダウンロード(PDF:888KB)

 ◆ 目次別

 第1章 栃木県における災害時医療活動の概要(PDF:889KB)

  1「栃木県地域防災計画(水害・台風、竜巻等風害・雪害対策編)」の概要

  2「栃木県地域防災計画(原子力災害対策編)」の概要

  3「透析患者援助対策」の概要

  4「栃木県透析医会の災害時の対応」の概要

 第2章 透析医療機関の災害対策マニュアル(PDF:889KB)

 Ⅰ 災害に備えた平常時の準備

  1 災害時の通信網の確保

  2 医療機関内の体制の整備

  3 担当患者への連絡

  4 医療機関同士のネットワークの確立

  5 各業者との打ち合わせ

 Ⅱ 災害発生時の初期対応

  1 患者の保護

  2 自医療機関内の体制の確認

 Ⅲ 災害発生直後の対応

  1 自医療機関内の体制と確認

  2 患者の保護

  3 医療機関同士のネットワークの活用

  4 各業者との連絡

 Ⅳ 災害復旧期の対応

  1 自医療機関内の体制の復旧

  2 患者の保護

  3 医療機関同士のネットワークの活用

  4 各業者との連絡

 第3章 透析患者用防災の手引き(PDF:889KB)

  1 災害発生時の対応

  2 食事管理

 第4章 資料編(PDF:889KB)

  1 緊急時連絡先一覧

  2 透析医療機関一覧

  3 協力者一覧

 

 

 

お問い合わせ

健康増進課 難病対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3086

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp