重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 感染症インフォメーション > 医師の皆さまへ > 指定された医療機関が届出をする疾病(定点把握疾病)

更新日:2022年5月1日

ここから本文です。

指定された医療機関が届出をする疾病(定点把握疾病)

栃木県では栃木県結核・感染症発生動向調査事業実施要領(PDF:315KB)に基づき、届け出いただく医療機関を指定しています。

指定を受けた医療機関は、管轄健康福祉センター及び保健所へ届出いただきますようお願いします。

小児科定点

(1)RSウイルス感染症(外部サイトへリンク) (2)咽頭結膜熱(外部サイトへリンク) (3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(外部サイトへリンク) (4)感染性胃腸炎(外部サイトへリンク)
(5)水痘(外部サイトへリンク) (6)手足口病(外部サイトへリンク) (7)伝染性紅斑(外部サイトへリンク) (8)突発性発しん(外部サイトへリンク)
(9)ヘルパンギーナ(外部サイトへリンク) (10)流行性耳下腺炎(外部サイトへリンク)  

 

インフルエンザ定点

眼科定点

 (2)流行性角結膜炎(外部サイトへリンク)

STD定点

(1)性器クラミジア感染症(外部サイトへリンク) 

(2)性器ヘルペスウイルス感染症(外部サイトへリンク)

(3)尖圭コンジローマ(外部サイトへリンク)

(4)淋菌感染症(外部サイトへリンク)

基幹定点

<週単位で届出をする疾病>

(1)クラミジア肺炎(オウム病を除く)(外部サイトへリンク)

(2)細菌性髄膜炎(髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く。)(外部サイトへリンク)

(3)マイコプラズマ肺炎(外部サイトへリンク)

(4)無菌性髄膜炎(外部サイトへリンク)

(5)感染性胃腸炎(ロタウイルスによるものに限る)(外部サイトへリンク)

<月単位で届出をする疾病>

(1)ペニシリン耐性肺炎球菌感染症(外部サイトへリンク)

(2)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症(外部サイトへリンク)

(3)薬剤耐性緑膿菌感染症(外部サイトへリンク)

疑似症定点

発熱、呼吸器症状、発しん、消化器症状又は神経症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断したもの。(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

感染症対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎東館4階

電話番号:028-623-2834

ファックス番号:028-623-3759

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp