重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2022年3月26日

ここから本文です。

高病原性鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザとは

 鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気です。
 家畜伝染病予防法では、家きん(ニワトリや七面鳥等)に対する病原性やウイルスの型により、高あるいは低病原性鳥インフルエンザウイルス等に区別しています。
 家きんが高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染すると、その多くが死んでしまいます。一方、低病原性鳥インフルエンザウイルスは症状が出ない場合もあります。

県内養鶏場における高病原性鳥インフルエンザ発生について

令和3年3月13日に発生した高病原性鳥インフルエンザについて

 令和3月3月13日に栃木県芳賀町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生しました(下表)。
 発生時に設定した移動制限区域(発生農場から半径3km以内)について、防疫措置完了(3月19日)から21日間が経過したことから、国との協議の結果、4月10日(土曜日)午前0時に解除しました。
 また、令和3年4月9日19時に全ての消毒ポイントを閉鎖しました。
 これによって、今回の発生に係る全ての措置が完了となりました。

所在地 鶏種 飼養羽数 防疫措置の実施状況

芳賀町

採卵鶏

76,886羽

殺処分完了:3月15日7時15分

防疫措置完了:3月19日14時

消毒ポイント閉鎖:4月9日19時

 

 

 

 

お問い合わせ

県東健康福祉センター

〒321-4305 真岡市荒町116-1

電話番号:0285-82-3323

ファックス番号:0285-83-7003

Email:kentou-kfc@pref.tochigi.lg.jp