重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 県政トピックス > 11月3日 G7栃木県・日光男女共同参画・女性活躍担当大臣会合記念シンポジウムが開催されました

更新日:2023年11月17日

ここから本文です。

11月3日 G7栃木県・日光男女共同参画・女性活躍担当大臣会合記念シンポジウムが開催されました

11月3日に、G7栃木県・日光男女共同参画・女性活躍担当大臣会合記念シンポジウムが、とちぎ男女共同参画センター(パルティ)で開催されました。

のシンポジウムは、令和5年6月に日光市でG7男女共同参画・女性活躍担当大臣会合が開催されたことを受け、本県の男女共同参画・女性活躍のさらなる促進を図るため、県と(公財)とちぎ男女共同参画財団の共催により開催されたもので、一般県民や関係者含め約300人が参加しました。

会にあたり、福田知事はあいさつで大臣会合の成果文書である「日光声明」において「女性の経済的自立」や「無償のケア・家事労働」、「社会の意識を変える」などの課題が取り上げられたことに触れ、「それらの課題解決のためには女性の管理職への登用や、男女間の家事負担の均衡、そして、根底にある固定観念の解消などの取組が重要」と述べつつ、「さらなる男女共同参画・女性活躍推進の加速化に積極的に取り組んで参る」と意気込みを語りました。

ンポジウムの前半では、基調講演として特定NPO法人Gender Action Platform理事で関西学院大学総合政策学部客員教授の大崎麻子氏が「日光声明から読み解くこれからの男女共同参画」と題して国内外のジェンダーギャップ解消の最前線の状況を紹介したほか、後半では「働く場」「くらし・地域」「人権」の3つのテーマによるトークセッションが行われ、各出演者と参加者による意見交換を踏まえた「輝くとちぎ宣言」を取りまとめました。

宣言では、「自身のありたい姿を大切に、自分らしいキャリアを実現する」「人と人との繋がりを大切に、世代や立場の違いを超えて交流する」「お互いを尊重し合い、おかしいと思ったら勇気を出して声をあげ、意見を共有することで無関心な人を減らしていく」などを掲げました。

シンポジウム1
開会の様子

知事あいさつ
知事あいさつ

 

シンポジウム1
シンポジウムの様子(1)

シンポジウム2
シンポジウムの様子(2)

 

お問い合わせ

人権男女共同参画課 女性活躍推進担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3074

ファックス番号:028-623-3150

Email:danjo@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告